• トップページ
  • 診療コンセプト
  • スタッフ
  • 医院案内
  • アクセス

子どもが矯正を行う期間

2期にわけて進める子どもの矯正治療

子どもの矯正治療は2つの時期にわけて行います。
それぞれの時期に行う治療は「第一期治療」「第二期治療」と呼び、これらの治療はそれぞれ別の役割を担っています。
矯正治療にかかる期間は、骨の発達の度合いや治療の開始時期などさまざまな要因によって異なるので、矯正担当医にご相談ください。

こちらのページでは、お母様と子ども・赤ちゃんと妊娠中ママの歯医者さん、世田谷区用賀の「マメデンタルクリニック」が、子どもが矯正を行う期間についてご紹介します。

永久歯に生えかわるまで
~第一期治療~

[画像]永久歯に生えかわるまで~第一期治療~

「第一期治療」と呼ばれる治療を行う期間は、乳歯から永久歯へと生えかわりはじめる6歳ごろから、永久歯がすべて生えそろう12歳ごろまでです。
バイトプレートや拡大床などの装置を用い、骨格的な要因で起こる出っ歯や受け口、あごの骨のズレなどを改善していきます。
あごが小さく、永久歯がきれいに並ぶだけのスペースが足りないお子様には、あごを広げる治療を施します。

あごの骨の成長を利用した治療ができることが、この時期に治療をはじめる最大のメリットです。
この時期の治療で骨格を整えておくと、抜歯せずにきれいな歯並びを手に入れられる可能性が高まります。

永久歯が生えそろってから
~第二期治療~

[画像]永久歯が生えそろってから~第二期治療~

「第二期治療」では、大人の矯正治療と同様にワイヤーブラケットと呼ばれる装置を歯に装着します。
ワイヤーブラケットは歯並びを美しく整え、正しい噛み合わせを実現するための装置です。

ページトップ