• トップページ
  • 診療コンセプト
  • スタッフ
  • 医院案内
  • アクセス

妊婦さんの歯科治療

注意しながら進めましょう
~妊娠中の歯科治療~

妊娠中の口腔内環境は赤ちゃんのためにも非常に大切ですが、できる範囲でケアしていてもむし歯や歯周病にかかりやすいのが、この時期の特徴です。
万が一お口のトラブルが起きてしまった場合、できるだけ出産前に治療をすませ、口腔内環境を整えて出産を迎えましょう。

妊娠期の歯科治療については「レントゲン撮影は大丈夫?」「薬を飲むのがこわい」といった不安を抱えている方も多いようです。
当院ではお母様と赤ちゃんの身体を最優先に考えて治療を進めますので、安心してご相談ください。
こちらのページではお母様と子ども・赤ちゃんと妊娠中ママの歯医者さん、世田谷区用賀の「マメデンタルクリニック」が、妊娠中の歯科治療についてご紹介します。

レントゲンを使った検査

[画像]レントゲンを使った検査

歯科治療では必要に応じてレントゲン撮影を行いますが、歯科用レントゲンの撮影で浴びる放射線量は、日常生活の中で自然環境から浴びる放射線量よりも少ない量です。
患部周辺を撮影するだけなので、赤ちゃんへの影響は少ないとされています。
マメデンタルクリニックでは、症状をふまえ、レントゲン検査についてはご相談させて頂きます。

妊娠中のお薬の服用

[画像]妊娠中のお薬の服用

当院では、基本的に妊娠中のお母様には飲み薬を処方しないという方針です。
ただし、お薬を処方しなければお母様や赤ちゃんに悪影響があると考えられるケースでは、影響が少ないお薬を選んで必要最低限処方することもあります。
その場合は赤ちゃんへの影響やお薬の持つ効果などをしっかりとご説明し、ご相談したうえで処方します。

妊娠中の麻酔の使用

[画像]妊娠中の麻酔の使用

歯科治療で使用する麻酔は局所麻酔です。
通常の使用量であれば、お母様の身体にも赤ちゃんの身体にも影響することはまずありません。
ただし、妊娠後期に局所麻酔を使用すると早産を引き起こす可能性があるので、歯科医師と相談して治療方針を決めましょう。
また、局所麻酔で気分が悪くなったといった経験をお持ちの方は、必ず事前にお知らせください。

そのほかの注意点

妊娠中に歯科治療を受ける場合、以下の点にご注意いただくとスムーズです。
ご不明な点は、お気軽におたずねください。

母子健康手帳 母子健康手帳は、妊娠中のお母様の健康状態を把握するためにも重要な手帳なので、妊娠中は常に持ち歩きましょう。
歯科医院で検査した歯の状態についても記入します。
問診票 妊娠週数や産婦人科における状況、歯科治療での要望などをくわしくご記入ください。
そのほかにも特記事項があれば、お知らせください。
主訴 診察や治療の前にも、現在の症状を歯科医師に直接お伝えください。
歯科医師から歯の状態や治療方針についてご説明します。
治療内容を理解しておくことはとても大切です。
治療中の姿勢 妊娠期には子宮が周囲の血管を圧迫し、うっ血しやすくなります。
イスを倒し過ぎると治療中に苦しくなることがあるので、できるだけ楽な姿勢をお伝えください。
立ちくらみや頻尿、つわり 妊娠中は立ちくらみが起きやすいので急な動作は避け、ゆっくりと動きましょう。
治療中にトイレにいきたくなったり気分が悪くなったりした場合は、無理せず早めにお知らせください。

ページトップ