• トップページ
  • 診療コンセプト
  • スタッフ
  • 医院案内
  • アクセス

つわりとお口のケア

できることからはじめましょう
~つわりとお口のケア~

「つわり」とは、主に妊娠初期に起こる吐き気や食欲不振、過度な眠気といった不快な症状をさします。
「食べものを見ただけでもどしてしまう」「常に食べていなければ気持ちが悪い」「フライドポテトしか食べられなくなった」など、人によって身体にあらわれる症状はさまざまです。
つわりの原因ははっきりとわかっていませんが、ホルモンバランスの急激な変化が原因ではないかと考えられています。

妊娠中の口腔内環境はつわりの影響で「十分なケアが難しい」と感じる方も多いのが現状です。
そんなときは自分ができる範囲のケアからはじめましょう。
こちらのページでは、お母様と子ども・赤ちゃんと妊娠中ママの歯医者さん、世田谷区用賀の「マメデンタルクリニック」が、つわりとお口のケアについてご紹介します。

つわりの時はむし歯になりやすい?

[画像]つわりの時はむし歯になりやすい?

妊娠中は女性ホルモンの増加によって、歯肉が炎症を起こしやすくなります。
そのうえ、つわりになると酸っぱいもの(=酸性のもの)や柔らかく噛み応えのないものといった、歯の健康にとってよくないものを好んで食べる傾向になりがちです。
吐き気がある人は歯みがきも難しくなるため、妊娠期はお口の衛生環境が悪化しやすく、むし歯の発症・進行リスクも増加してしまいます。

できる範囲のケアからはじめましょう

[画像]できる範囲のケアからはじめましょう

お口のケアは大切ですが、つわりで体調が悪いときに無理をしてはいけません。
少しでも体調のよいとき、楽なときを選び、できる範囲でケアすることをおすすめします。
歯みがき粉を匂いの少ないものにかえたり、歯ブラシのヘッドを小さなものにかえたり、歯みがきが難しいときはうがいだけにしたりといった方法もあります。
テレビを観ているときやお風呂に入っているときなど、リラックスできるタイミングで少しずつケアに取り組んでいきましょう。

つわりでも取り組みやすいケアの方法
歯みがき粉 匂いや刺激の少ないものにかえる。
使わずに歯ブラシだけでみがく。
歯ブラシ 吐き気を誘発しにくいヘッドの小さなものにかえる。
うがい 歯みがきできないときはうがいをする。
殺菌効果のある緑茶でのうがいも効果的(ただしカフェインを含むため、注意が必要)。
氷を舐める うがいも難しいときは、小さめの氷を舐めて口の中を洗い流す。

産前に用意しておきたい理由

[画像]産前に用意しておきたい理由

妊娠予定のある方は、実際に妊娠する前に歯科医院でむし歯や歯周病の治療をすませ、できれば専門的なクリーニングを受けておきましょう。
妊娠中の口腔内環境が清潔に保てると、お腹の赤ちゃんにもよい影響が期待できます。

すでに妊娠中の方は、時期を選んで歯科検診を受け、歯の状態をチェックしましょう。
むし歯や歯周病がある場合は、安定期に治療をすませておくことをおすすめします。
妊娠中の歯周病「妊娠性歯周炎」は早産や低体重児出産の原因にもなるので、出産時期を迎える前に状態を改善しておくことが大切です。

ページトップ